スープの種類からラーメンを探す
麺の太さからラーメンを探す

久留米ラーメン清陽軒・屋台仕込ラーメン(替玉付き)

~このラーメンの基本情報~
店舗 久留米ラーメン清陽軒
店主 一木公治
住所 福岡県久留米市
諏訪野町1798-6
TEL 0942-32-9736
宅麺 http://www.takumen.com/products/92
スープ 豚頭スープ
極細ストレート麺
油分 ちょいあっさり
味濃さ 普通
価格 一食870円(税抜き)
注文 宅麺.com注文ボタン

久留米ラーメン清陽軒・屋台仕込ラーメン(替玉付き)

久留米ラーメン清陽軒・屋台仕込ラーメン(替玉付き)の特長

昭和27年創業の実力! このラーメンこそが久留米ラーメンなのだ!

久留米ラーメン清陽軒の屋台仕込ラーメンは、上質さを感じさせるさらっとした飲み口の豚骨スープ。食べるごとに“豚の旨み”が重なり、得も言われぬ深い味わいが楽しめるのだ。当然ながら、硬めに茹でられたしなやかな極細ストレート麺との相性も絶妙。久留米ラーメンの真髄が味わえるのだ。

豚頭を丸三日かけてじっくり煮込んだ、最後の一滴まで飲み干せる豚骨ラーメン

自慢の豚骨スープは、国産豚の頭のみを丸三日かけてじっくり煮込んで抽出した豚骨ダシ。初めはあっさり味に感じるけど、食べるごとに豚の旨みが折り重なるようなコク深い味わいを感じていただけるはず。まさに最後の一滴まで飲み干せるラーメンスープで、今流行りのギトギト豚骨ラーメンとは一線を画す味なのだ。歴史ある老舗だからこその一杯だ。

九州豚骨ラーメンの麺といえば、シャキッとした極細麺! 麺本来の甘みが自慢

九州豚骨ラーメンの麺といえば、シャキッとした極細麺は欠かせない。箸で持ち上げるとしなやかに曲がる極細ストレート麺は、さくっと歯切れが良く、小麦の味がしっかりとしているから、時間が経つごとにスープに麺本来の甘みが溶け出していくのが特長だ。

初代が作り上げ、二代目が受け継ぐ一切の妥協を許さない久留米豚骨ラーメン

昭和27年創業の老舗・久留米ラーメン清陽軒は、ラーメン屋台として産声をあげ、長らく地元久留米のラーメンファンに親しまれてきた名店。2006年に惜しまれながら閉店したものの、熱烈なファンたちの後押しを受け2009年に復活。清陽軒初代の香月浩が作り上げ、二代目一木公治が受け継ぐ一切の妥協を許さないその豚骨スープは、まさに久留米ラーメンの神髄なのだ。

宅麺.comで、“久留米ラーメン清陽軒の屋台仕込ラーメン(替玉付き)”を注文する

豚骨ラーメン&極細麺の関連ページ

久留米ラーメン清陽軒の屋台仕込ラーメン(替玉付き)

久留米ラーメン清陽軒

屋台仕込ラーメン

らーめん家一歩の博多らーめん

らーめん家一歩

博多らーめん

博多一風堂の白丸元味

博多一風堂

白丸元味

ラーメンマンのこってりとんこつ(替玉付き)

ラーメンマン

こってりとんこつ