スープの種類からラーメンを探す
麺の太さからラーメンを探す

麺処びぎ屋・醤油らーめん

~このラーメンの基本情報~
店舗 麺処びぎ屋
店主 張廖貴俊
住所 東京都目黒区鷹番2-4-9
TEL 03-5722-1669
宅麺 http://www.takumen.com/products/40
スープ 鶏の効いた醤油スープ
細麺
油分 ちょいあっさり
味濃さ 普通
価格 一食810円(税抜き)
注文 宅麺.com注文ボタン

麺処びぎ屋・醤油らーめん

麺処びぎ屋・醤油らーめんの特長

“毎日でも食べたいラーメン”を形にした麺処びぎ屋の醤油らーめん

店主が“毎日でも食べたいラーメン”を目指して創作したのがこの醤油らーめん。厳選素材から丁寧に抽出したダシと、まろやかな醤油の香りを演出した癒し系のスープは、口に含むとすっきりとしていながら深い味わいが感じられるはず。また、チャーシューとメンマは、異なる部分を二種類ずつトッピングしている。

すべての素材にこだわり抜いた、すっきりとしていながら味わい深い端麗醤油スープ

麺処びぎ屋の醤油らーめんのすっきりとしていながら味わい深い端麗スープは、鳥取・大山鶏のガラ、丸鶏、豚骨、ソウダブシといった魚介から丁寧に抽出したクリアなダシがベース。ダシに使う水も、最高純度のものを使用するほどに徹底している。また、スープと合わせるタレは、店主の出身地でもある静岡県の御殿場・天野醤油の丸大豆と甘露醤油をブレンドしたものを基本としている。

具材のチャーシューとメンマは、異なる部分を二種類ずつトッピング

チャーシューとメンマは異なる部分を二種類ずつトッピング。チャーシューは、肩ロースを秘伝のタレに一昼夜漬け込みオーブンでこんがりと焼き上げた焼き豚と、豚バラ肉を秘伝のタレでじっくりと煮込んだ煮豚を使用。メンマは、穂先メンマと細切りメンマを合わせている。

多くの経験を経た料理人だからこそ作れる毎日でも食べられるラーメンなのだ!

店主は中華、フレンチの料理人として飲食店で働いた後、せたが屋の大将・前島司に師事する。せたが屋本店店長、せたが屋ニューヨーク店初代店長、ラーメンゼロ初代店長を経て、麺処びぎ屋として独立。多くの経験を経た料理人だからこそ作れる毎日でも食べられるラーメンは必食の価値あり!

宅麺.comで、“麺処びぎ屋の醤油らーめん”を注文する

醤油ラーメン&細麺の関連ページ

麺処びぎ屋の醤油らーめん

麺処びぎ屋

醤油らーめん

屋台ちかみちらーめんの厳選しょうゆらーめん

屋台ちかみちらーめん

厳選しょうゆらーめん

富良野とみ川の石臼挽き中華そば

富良野とみ川

石臼挽き中華そば