ネタの分類から寿司を探す
店の形態から寿司を探す

すしざんまい・クジラの握りPR:ホットペッパーグルメ(SP)

~この寿司の基本情報~
店舗 すしざんまい
HP http://www.kiyomura.co.jp/
材料 クジラ、万能ねぎ、おろし生姜
酢飯 すっきりと酸味が立つ
山葵 控えめ。要望で強くできる
醤油 別皿方式
ガリ 皿の端に少量付いてくる
価格 一巻128円(税抜き)
評価 (おいしくない1つ星)
PR

すしざんまい・クジラの握り

すしざんまい・クジラの握りを食べた感想

誰もが知っている寿司の優良大衆店・すしざんまいで食べたクジラの握り。生のクジラは馬刺しのような味わいで、臭みが一切なく赤身肉としてはかなり上質で寿司によく合うと思う。しかし、真ん中に硬い筋があって、これは飲み込めないほど硬かった。一貫だけならまだしも、頼んだ二貫すべてにこの筋があったのだ。焼いてあるならまだしも、生の獣肉の筋は硬すぎる。ちょっとこれはヒドイなと、頭にきてしまった。きっと職人たちはクジラ肉を切っただけで、自分らで試していないのだろう。だからこんなものを客に出せるわけで。

クジラというと捕鯨の問題がある。日本は南極海での捕鯨がしにくい状況にあって、ますます鯨肉が食べにくい状況に追い込まれてしまった。西洋人を中心としたクジラ愛護派は、科学的というよりも感情論を前面に押し出し、自分たちで決めたルールですらねじ曲げ、それを正当化してしまった。個人的には日本人への偏見はクジラひとつだけである・・・・・・と思いたいのだけれど、一事は万事、みたいなことにならなければいいのだが。もちろん、こんな状況になってしまった日本政府にも憤りを感じているのだけど。

楽天での買い物が便利にお得に!年会費永年無料の楽天カード、大量ポイント贈呈中!

すしざんまい・クジラの握りを食べた履歴

すしざんまい・クジラの握り

2014年4月23日
すしざんまい 川崎店

すしざんまい・長物、卵、変わりダネなどの関連ページ