ネタの分類から寿司を探す
店の形態から寿司を探す

スシロー

スシロー 日本一の規模を誇る大型回転寿司チェーン。寿司ファンから支持される理由は、なんといっても寿司の品質であり、いち早くセントラルキッチン制度を廃止し、店内調理にこだわったことで、鮮度の高いうまいネタと酢飯を提供している。
また、総合管理システムにより、品質の落ちた寿司が自動的に排除されるため、レーンで回る寿司はどれを食べても最高のうまさが味わえる。スシローを食べずして、回転寿司は語れない。

スシロー ホームページ

・スシローの掲載寿司一覧

赤身マグロ、カツオ、サーモンに代表される赤く美しい切り身の寿司

マグロ-寿司屋の看板ともいえるネタで、ホンマグロ、メバチ、キハダ、ビンチョウなどがネタとなる-
カツオ-“旬を喰う”魚の代表格で、初夏~初冬にかけて初ガツオと戻りガツオが楽しめる-
鮭・サーモン-本来は白身魚に分類されるサーモンであるが、エサによりキレイな赤身となる-

白身種類の多さは寿司のなかでも随一。淡白な味わいながらも濃い旨味と魚特有の香りが持ち味

ブリ・ハマチ-青魚の王たる魚。天然極上物は、身の旨味と酸味、脂の乗り、どれをとっても魚の最高峰-

光もの寿司通から圧倒的支持を受けており、コハダ、サバ、アジ、イワシ、カスゴ、サヨリなどが光ものの代表格

アジ-光もの代表格ともいえるネタがアジ。アジは大きさにより味わいが異なり、上物は寿司通も唸るうまさ-
サンマ-日本における大衆魚のエース格で、秋から冬にかけて食べられる生サンマは究極の味のひとつ-

コリコリシコシコした独特の食感と強烈な磯の香りが特徴で、寿司通ほど好んで食べる

各種貝の盛り合わせ-あわび、赤貝、とり貝、つぶ貝、ほたてといった貝がセットになった豪華盛り合わせ寿司-

イカ・タコシコシコした食感の中に、噛めば噛むほどじわりと滲む甘さと旨味があり、寿司ネタの中でも屈指の人気を誇る

イカ-「寿司はイカ!」という愛好家はかなり多い、寿司屋の人気者。アオリイカやスミイカ、ヤリイカなど代表的-
タコ-寿司屋の力量が試される難しいネタのひとつで、茹でるか煮るなどしてから握られることが多い-

エビ・カニ茹でエビ、生エビ、シャコ、カニなどを始めとした甲殻類の寿司。特にエビは寿司になくてはならない

茹でエビ-江戸前寿司の代表格ともいえる茹でエビの握り。エビが持つ旨さ香り食感を極限まで味わえる-
生エビ-エビが持つ本来の甘さを存分に味わえる寿司。酢飯との馴染みもよく渾然一体と旨さが持ち味-

長物・卵・変わりダネなどシーチキンマヨネーズなど文字通りの変わりダネやいなり寿司、野菜寿司など

-牛、豚、鶏、鴨、ハンバーグなどが肉の寿司として知られ、魚には出せない肉ならではの味わいが魅力-
白子とあん肝-白子はクリーミーな味わいで、あん肝は非常に強いコク味が楽しめる。隠れファンが意外に多い-
玉子と魚卵-江戸前寿司には欠かせない玉子焼きとイクラやとびっこなどの魚卵も人気の寿司ネタ-
いなり寿司-甘く煮たお揚げと酢飯の寿司。シンプルながらもほっとする味わいで誰からも愛される-
野菜や納豆など-魚介ではなく野菜や納豆など農産物の寿司-
変わりダネ全般-ジャンル分けができないような“これぞ変わりダネ!"な寿司たち-

サイドメニュー刺し身や酢の物、魚の煮付け、天ぷら、味噌汁や潮汁などの椀物、茶碗蒸しなどが一般的

麺類-寿司屋でも麺類を出すことがあり、うどんや蕎麦を始めとして、いまではラーメンを出す店もある-
おつまみ-お酒の肴に最適のおつまみメニュー。寿司屋ならではの物から居酒屋定番の物まで-