ネタの分類から寿司を探す
店の形態から寿司を探す

無添くら寿司

無添くら寿司 無添くら寿司はすべての商品が無添加であるうえ、レーンを流れる寿司を覆う“鮮度くん”や、皿をセルフで専用口に投入するとガチャポンができるシステムであったり、大型回転寿司業界の中でも異色の存在だ。
また、寿司だけではなくサイドメニューにも力を入れており、ラーメンや天丼、マグロ丼などをメニューに加えている。特にラーメンは無添くら寿司の看板メニューともいえる存在。

無添くら寿司 ホームページ

・無添くら寿司の掲載寿司一覧

赤身マグロ、カツオ、サーモンに代表される赤く美しい切り身の寿司

マグロ-寿司屋の看板ともいえるネタで、ホンマグロ、メバチ、キハダ、ビンチョウなどがネタとなる-
カツオ-“旬を喰う”魚の代表格で、初夏~初冬にかけて初ガツオと戻りガツオが楽しめる-

白身種類の多さは寿司のなかでも随一。淡白な味わいながらも濃い旨味と魚特有の香りが持ち味

ブリ・ハマチ-青魚の王たる魚。天然極上物は、身の旨味と酸味、脂の乗り、どれをとっても魚の最高峰-

光もの寿司通から圧倒的支持を受けており、コハダ、サバ、アジ、イワシ、カスゴ、サヨリなどが光ものの代表格

イワシ-イワシは数種あるが、寿司になるのは大体がマイワシ。鮮度がよければ最高の美味-
サンマ-日本における大衆魚のエース格で、秋から冬にかけて食べられる生サンマは究極の味のひとつ-

コリコリシコシコした独特の食感と強烈な磯の香りが特徴で、寿司通ほど好んで食べる

ホタテ-北海道や東北が産地の貝で、寿司のネタとしてもメジャーな存在。ほとんどが冷凍物だが、生も流通する-
ミル貝-江戸前寿司になくてはならない貝のひとつで、身の食感、甘み、香り、いずれも貝類トップクラス-

長物・卵・変わりダネなどシーチキンマヨネーズなど文字通りの変わりダネやいなり寿司、野菜寿司など

長物-アナゴやウナギ、ハモなど。特に煮アナゴの寿司は、江戸前寿司の中でも花形のひとつ-
玉子焼き-江戸前寿司の花形ネタのひとつで、ちょっと甘めの味付けは子供から大人までみんな大好き-
変わりダネ全般-ジャンル分けができないような“これぞ変わりダネ!"な寿司たち-
-牛、豚、鶏、鴨、ハンバーグなどが肉の寿司として知られ、魚には出せない肉ならではの味わいが魅力-

サイドメニュー刺し身や酢の物、魚の煮付け、天ぷら、味噌汁や潮汁などの椀物、茶碗蒸しなどが一般的

麺類-寿司屋でも麺類を出すことがあり、うどんや蕎麦を始めとして、いまではラーメンを出す店もある-
丼全般-寿司屋の丼といえば鉄火丼や海鮮丼、バラチラシなどが一般的。天丼やアナゴ丼を出す店舗もある-