ネタの分類から寿司を探す
店の形態から寿司を探す

回転寿司たくみ・ボタンエビの握りPR:ホットペッパーグルメ(SP)

~この寿司の基本情報~
店舗 回転寿司たくみ
HP トツカーナモール
ネタ ボタンエビ(標準和名:ボタンエビではなく、スポットエビの仲間だと思われる)
酢飯 ほどよく酢がきいている
山葵 足りなければ板前に頼む
ガリ カウンターに置いてある
価格 一皿240円(税抜き)
評価 ★★★★(うまい4つ星)
PR

回転寿司たくみ・ボタンエビの握り

回転寿司たくみ・ボタンエビの握りを食べた感想

戸塚駅駅ビルの回転寿司店・回転寿司たくみで食べたボタンエビの握り。なかなかに大振りなボタンエビであるのがまず嬉しい。これで一皿240円は安いですよ、ボタンエビといえば回転寿司の中でもかなりの高級品ですから。しかし、肝心なのは味。いくら安くてもおいしくなかったらなんにもならないわけで。そして期待に違わず、絶品というほどではなかったけれど、値段なりのうまさは十分にあるし、ボタンエビならではの甘さとしゃっきりした食感を楽しめた。頭のミソは若干の生臭みがあったけれど、それはしょうがない。何より身のうまさを楽しむべきものなのだから。

エビは個人的には火を通すことで旨味が出ると思う。例えばクルマエビはそれが顕著で、高価な活きを生で食べても食感の良さ以外は特筆すべきものがあまりない。しかし、甘エビなど生こそうまいエビももちろんあって、ボタンエビもそのひとつなのだと思う。思うと語るのは火を通したボタンエビを食べたことがないから。火を通したほうがうまけりゃ、ボタンエビだって茹でるなどして提供されるはずなのだ。

ボタンエビというのは標準和名「ボタンエビ」のほかに、トヤマエビや輸入エビのスポットシュリンプなども総称としてボタンエビと言われるようだ。そして今回食べたボタンエビはおそらくスポットシュリンプの仲間かなと思うのだけれど、まあ、わたしはエビの見分けは自信がないのでなんともいえない。とはいえ、国産のボタンエビを一皿240円で提供できるわけもないので、きっと間違いないと思う。安いボタンエビを見た時は、そういうもんだと思ったほうがいい。とはいえ、それはそれで十分にうまいのだから文句は無し!

2016年4月9日、久しぶりにたくみに行ったら、名称がボタンエビから上生赤エビ的な名前に変更になっていた。ボタンエビもメニューにあったけれど、そちらは一皿360円という値段であった。

楽天での買い物が便利にお得に!年会費永年無料の楽天カード、大量ポイント贈呈中!

回転寿司たくみ・ボタンエビの握りを食べた履歴

回転寿司たくみ・ボタンエビの握り

2016年4月9日
回転寿司たくみ

回転寿司たくみ・ボタンエビの握り

2015年1月31日
回転寿司たくみ

回転寿司たくみのエビ・カニ関連ページ