ネタの分類から寿司を探す
店の形態から寿司を探す

回転寿司たくみ

ノーイメージ 回転寿司たくみは、神奈川県の東海道線の駅・戸塚駅の駅ビルにある小規模な回転寿司店。湘南・腰越港から新鮮な地魚を直送しており、地元客を中心に高い支持を受けている。寿司はレーンの中にいる板前が握る。
カウンター席しかないが、板前との距離が近いため、注文がしやすい。板前の手際が非常に良いため、ストレスなく注文した寿司をさばいてくれる。

・回転寿司たくみの掲載寿司一覧

赤身マグロ、カツオ、サーモンに代表される赤く美しい切り身の寿司

マグロ-寿司屋の看板ともいえるネタで、ホンマグロ、メバチ、キハダ、ビンチョウなどがネタとなる-
サーモン-回転寿司屈指の人気ネタで、トロリとしたサーモンならではの脂の旨さが堪能できる-
アカサバ-ハチビキという魚で南日本を中心に生息する魚。脂があり歯ごたえもよく、味わいは上々-

白身種類の多さは寿司のなかでも随一。淡白な味わいながらも濃い旨味と魚特有の香りが持ち味

スズキ-夏が旬とされる江戸前を代表する魚で、独特の香りと身の旨味、歯ごたえも申し分ない優秀な白身ネタ-
マコガレイ-数ある白身の中でも旨味、食感ともに最上級。旬が長く初夏~冬にかけて楽しめる-
カンパチ-代表的な高級寿司ネタのひとつで、歯ごたえも旨味も強く、多くの寿司通から愛されている魚-
ブリ・ハマチ-青魚の王たる魚。天然極上物は、身の旨味と酸味、脂の乗り、どれをとっても魚の最高峰-
ホウボウ-海底を這うようにして泳ぐ魚で、キレイな胸ビレを持つ。白身魚の中でもトップクラスのうまさ-
マトウダイ-シコシコとした食感が秀逸で、肝のうまさはすべての魚の中でもトップクラス! 生でよし火を通してよし-
イサキ-夏が旬の白身魚の代表格。磯の香り、身の旨さと脂の甘みと白身魚の傑作ともいえる深い味わい-
コショウダイ-イサキの仲間だけあって、味わいは身の旨味が濃く脂の甘さもある。イサキに比べより食べやすい-
メジナ-釣り人から愛される磯魚でうまい白身魚としても知られる。歯ごたえ、旨味、薫り、どれをとっても一級品-
メダイ-知る人ぞ知るうまい魚で、トロリとした脂の甘さと身の旨味、程よい食感があり、寿司ネタとして最上級-
カジキ-マカジキとメカジキが寿司にされることが多く、鮮度の良い物はマグロにも負けないうまさがある-
カサゴ&メバル&ソイ-煮付けにしておいしい魚たちだけれど刺し身も美味。個性控え目なところが売り-

光もの寿司通から圧倒的支持を受けており、コハダ、サバ、アジ、イワシ、カスゴ、サヨリなどが光ものの代表格

イワシ-イワシは数種あるが、寿司になるのは大体がマイワシ。鮮度がよければどれも最高の美味-
コハダ-江戸前寿司を代表する光ものといえばコハダで、シンコの淡麗な旨さは他の魚では味わえない旨さ-
サワラ-焼き物にされることが多い魚だけれど、鮮度抜群のものは刺し身にして最上級にして至高の味わい!-

コリコリシコシコした独特の食感と強烈な磯の香りが特徴で、寿司通ほど好んで食べる

赤貝-江戸前を代表する貝ネタで、磯の香りとほろ苦さ、そして身の強い旨味が最大の特長だ。貝好きほど赤貝を好む-
いろいろな貝類-回転寿司では新たな貝類寿司ネタの開発が盛んであり、物珍しい貝がたくさん!-

イカ・タコシコシコした食感の中に、噛めば噛むほどじわりと滲む甘さと旨味があり、寿司ネタの中でも屈指の人気を誇る

イカ-「寿司はイカ!」という愛好家はかなり多い、寿司屋の人気者。アオリイカやスミイカ、ヤリイカなど代表的-

エビ・カニ茹でエビ、生エビ、シャコ、カニなどを始めとした甲殻類の寿司。特にエビは寿司になくてはならない

生エビ-エビが持つ本来の甘さを存分に味わえる寿司。酢飯との馴染みもよく渾然一体と旨さが持ち味-
シャコ-江戸前寿司を代表するネタのひとつで、身は握りにしてツメで、爪は軍艦にしていただく。茹で立ては絶品!-

長物・卵・変わりダネなどシーチキンマヨネーズなど文字通りの変わりダネやいなり寿司、野菜寿司など

長物-アナゴやウナギ、ハモなど。特に煮アナゴの寿司は、江戸前寿司の中でも花形のひとつ-
玉子と魚卵-江戸前寿司には欠かせない玉子焼きとイクラやとびっこなどの魚卵も人気の寿司ネタ-
うに-濃厚な味わいが人気の寿司ネタ。軍艦や細巻きにしていただくことが普通だが、鮮度のよい物は握りにもされる-
野菜や納豆など-魚介ではなく野菜や納豆など農産物の寿司-
変わりダネ全般-ジャンル分けができないような“これぞ変わりダネ!"な寿司たち-

サイドメニュー刺し身や酢の物、魚の煮付け、天ぷら、味噌汁や潮汁などの椀物、茶碗蒸しなどが一般的

味噌汁&すまし汁-汁物は寿司とともに、または寿司のシメに。魚のアラがダシに使われることがほとんど-