ネタの分類から寿司を探す
店の形態から寿司を探す

白身の寿司一覧

ホウボウの握り 春夏秋冬、様々な白身魚がそれぞれの季節で旬を迎えるため、寿司屋には魚を見極める目と知識が求められる。例えばマダイは春が旬の最盛期であり、夏はイサキやマゴチなどがいい。秋はカワハギの肝が成長するし、冬は白身魚の王様格・ヒラメが旬。奥深さでは寿司ネタの中でも一番だ。
白身魚に共通しているのは淡白でありながらも、噛めば噛むほどじわーっと舌に広がる旨味の濃さ。一度白身魚の旨さを知ってしまえば病み付きとなってしまう。

・白身を提供するカウンターの寿司店一覧

すしざんまいホンマグロが自慢の寿司チェーン店。寿司だけではなく酒の肴となるサイドメニューも豊富で価格も庶民的

ムツ&クロムツ-脂の乗りが秀逸な深海魚! そのおいしさは刺し身や寿司にしても最高レベル!-
カマス-干物や塩焼きにされることが多いけれど、鮮度が特別良ければ刺し身にして絶品!-

・白身を提供する回転寿司一覧

かっぱ寿司1皿100円寿司やタッチパネル式の注文方式を採用した大型回転寿司チェーンのパイオニア

ブリ・ハマチ-青魚の王たる魚。天然極上物は、身の旨味と酸味、脂の乗り、どれをとっても魚の最高峰-
エンガワ-エンガワといえば元々はヒラメであるが、現在ではカラスガレイなどの大型カレイの類が一般的-

無添くら寿司鮮度くんやガチャポンなどを採用した大型回転寿司チェーンの中でも異色の存在。ラーメンも看板のひとつ

ブリ・ハマチ-青魚の王たる魚。天然極上物は、身の旨味と酸味、脂の乗り、どれをとっても魚の最高峰-

はま寿司牛丼のすき家でおなじみの巨大外食企業ゼンショーが運営する一皿100円の格安大型回転寿司チェーン

マダイ-日本人からこよなく愛される白身を代表する魚。特に皮目にマダイのうまさが凝縮されている-
ヒラメ-平べったい体をした高級魚で、寿司ネタを代表する白身。特に少量しか取れないエンガワは絶品だ!-
シマアジ-白身魚の中で最高級魚といっても過言ではない存在。飛び抜けた旨さがある代わりに値段も王者クラス-
ブリ・ハマチ-青魚の王たる魚。天然極上物は、身の旨味と酸味、脂の乗り、どれをとっても魚の最高峰-
ヒラマサ-夏を代表する高級寿司ネタで、さっぱりとした味ながら旨味が濃く、独特の食感も楽しい美味な魚-
カンパチ-代表的な高級寿司ネタのひとつで、歯ごたえも旨味も強く、多くの寿司通から愛されている魚-
イサキ-夏が旬の白身魚の代表格。磯の香り、身の旨さと脂の甘みと白身魚の傑作ともいえる深い味わい-
エンガワ-エンガワといえば元々はヒラメであるが、現在ではカラスガレイなどの大型カレイの類が一般的-
カジキ-マカジキとメカジキが寿司にされることが多く、鮮度の良い物はマグロにも負けないうまさがある-
ギンダラ-焼き物や煮付けにして最高の魚ではあるが、生で食べてもなかなかのもの。脂の甘さが堪能できる白身ネタ-
キンメダイ-煮付け魚として知られるも、鮮度抜群だと皮付きを寿司にすると極上のうまさ! やっぱり脂が甘い!-
ノドグロ-正式名称をアカムツといい“白身のトロ”とも称されるほど脂が乗っている。北陸を代表する高級魚のひとつ-
コショウダイ-イサキの仲間だけあって、味わいは身の旨味が濃く脂の甘さもある。イサキに比べより食べやすい-

スシロー日本一の売り上げを誇る巨大回転寿司チェーン。ネタや酢飯の質は100円寿司のなかでは圧倒的

ブリ・ハマチ-青魚の王たる魚。天然極上物は、身の旨味と酸味、脂の乗り、どれをとっても魚の最高峰-

ジャンボおしどり寿司横浜市を中心に店舗を展開する中規模回転寿司チェーンで、ネタの取り揃えはかなり本格的

イサキ-夏が旬の白身魚の代表格。磯の香り、身の旨さと脂の甘みと白身魚の傑作ともいえる深い味わい-
コショウダイ-イサキの仲間だけあって、味わいは身の旨味が濃く脂の甘さもある。イサキに比べより食べやすい-
ブリ・ハマチ-青魚の王たる魚。天然極上物は、身の旨味と酸味、脂の乗り、どれをとっても魚の最高峰-
ヒラマサ-夏が旬のアジの仲間で、寿司ネタとして、ダメなところがみつからないバランスに優れた優等生-
カンパチ-代表的な高級寿司ネタのひとつで、歯ごたえも旨味も強く、多くの寿司通から愛されている魚-
マゴチ-平べったい体をしたカサゴの仲間で、旬は夏~初冬ぐらいまで。身に弾力があり、噛むほどに旨味が増す-
ホウボウ-海底を這うようにして泳ぐ魚で、キレイな胸ビレを持つ。白身魚の中でもトップクラスのうまさ-
エンガワ-エンガワといえば元々はヒラメであるが、現在ではカラスガレイなどの大型カレイの類が一般的-
シイラ-日本よりも海外でマヒマヒと呼ばれて人気の魚で、鮮度が良ければ刺し身にして非常に美味-

回転寿司たくみ戸塚駅にある小規模な回転寿司店。湘南・腰越港から新鮮な地魚を直送している

スズキ-夏が旬とされる江戸前を代表する魚で、独特の香りと身の旨味、歯ごたえも申し分ない優秀な白身ネタ-
マコガレイ-数ある白身の中でも旨味、食感ともに最上級。旬が長く初夏~冬にかけて楽しめる-
カンパチ-代表的な高級寿司ネタのひとつで、歯ごたえも旨味も強く、多くの寿司通から愛されている魚-
ブリ・ハマチ-青魚の王たる魚。天然極上物は、身の旨味と酸味、脂の乗り、どれをとっても魚の最高峰-
ホウボウ-海底を這うようにして泳ぐ魚で、キレイな胸ビレを持つ。白身魚の中でもトップクラスのうまさ-
マトウダイ-シコシコとした食感が秀逸で、肝のうまさはすべての魚の中でもトップクラス! 生でよし火を通してよし-
イサキ-夏が旬の白身魚の代表格。磯の香り、身の旨さと脂の甘みと白身魚の傑作ともいえる深い味わい-
コショウダイ-イサキの仲間だけあって、味わいは身の旨味が濃く脂の甘さもある。イサキに比べより食べやすい-
メジナ-釣り人から愛される磯魚でうまい白身魚としても知られる。歯ごたえ、旨味、薫り、どれをとっても一級品-
メダイ-知る人ぞ知るうまい魚で、トロリとした脂の甘さと身の旨味、程よい食感があり、寿司ネタとして最上級-
カジキ-マカジキとメカジキが寿司にされることが多く、鮮度の良い物はマグロにも負けないうまさがある-
カサゴ&メバル&ソイ-煮付けにしておいしい魚たちだけれど刺し身も美味。個性控え目なところが売り-