ネタの分類から寿司を探す
店の形態から寿司を探す

赤身の寿司一覧

ホンマグロの大トロの握り マグロ、カツオ、サーモンに代表される赤く美しい切り身の寿司を赤身と呼ぶ。マグロとカツオに共通しているのは濃い旨味と程よい酸味、そして大トロなどの腹身部にはたっぷりとした脂が乗っていることだろう。
サーモンは本来白身魚ではあるが、身色はまさに赤身であり、トロッとした脂の旨さと、鮭独特の香りがたまらない。回転寿司を代表するネタであり、いまや堂々たる赤身の代表なのだ。

・赤身を提供するカウンターの寿司店一覧

すしざんまいホンマグロが自慢の寿司チェーン店。寿司だけではなく酒の肴となるサイドメニューも豊富で価格も庶民的

ホンマグロ-黒いダイヤとも称される握り寿司の華。寿司店はこぞって上質のホンマグロを求める-

すし三崎丸お持ち帰り寿司のパイオニア京樽がプロデュースするリーズナブルなカウンター寿司店

マグロ-寿司屋の看板ともいえるネタで、ホンマグロ、メバチ、キハダ、ビンチョウなどがネタとなる-

・赤身を提供する回転寿司一覧

かっぱ寿司1皿100円寿司やタッチパネル式の注文方式を採用した大型回転寿司チェーンのパイオニア

マグロ-寿司屋の看板ともいえるネタで、ホンマグロ、メバチ、キハダ、ビンチョウなどがネタとなる-
カツオ-“旬を喰う”魚の代表格で、初夏~初冬にかけて初ガツオと戻りガツオが楽しめる-
サーモン-本来は白身魚に分類されるサーモンであるが、エサによりキレイな赤身となる-

無添くら寿司鮮度くんやガチャポンなどを採用した大型回転寿司チェーンの中でも異色の存在。ラーメンも看板のひとつ

マグロ-寿司屋の看板ともいえるネタで、ホンマグロ、メバチ、キハダ、ビンチョウなどがネタとなる-
カツオ-“旬を喰う”魚の代表格で、初夏~初冬にかけて初ガツオと戻りガツオが楽しめる-

はま寿司牛丼のすき家でおなじみの巨大外食企業ゼンショーが運営する一皿100円の格安大型回転寿司チェーン

カツオ-“旬を喰う”魚の代表格で、初夏~初冬にかけて初ガツオと戻りガツオが楽しめる-
ネギトロ-マグロの中落ちにネギを合わせた昔からある創作寿司。特に軍艦にされることが多い-

スシロー日本一の売り上げを誇る巨大回転寿司チェーン。ネタや酢飯の質は100円寿司のなかでは圧倒的

マグロ-寿司屋の看板ともいえるネタで、ホンマグロ、メバチ、キハダ、ビンチョウなどがネタとなる-
カツオ-“旬を喰う”魚の代表格で、初夏~初冬にかけて初ガツオと戻りガツオが楽しめる-
鮭・サーモン-本来は白身魚に分類されるサーモンであるが、エサによりキレイな赤身となる-

ジャンボおしどり寿司横浜市を中心に店舗を展開する中規模回転寿司チェーンで、ネタの取り揃えはかなり本格的

マグロ-寿司屋の看板ともいえるネタで、ホンマグロ、メバチ、キハダ、ビンチョウなどがネタとなる-
鮭・サーモン-本来は白身魚に分類されるサーモンであるが、エサによりキレイな赤身となる-

回転寿司たくみ戸塚駅にある小規模な回転寿司店。湘南・腰越港から新鮮な地魚を直送している

マグロ-寿司屋の看板ともいえるネタで、ホンマグロ、メバチ、キハダ、ビンチョウなどがネタとなる-
サーモン-回転寿司屈指の人気ネタで、トロリとしたサーモンならではの脂の旨さが堪能できる-
アカサバ-ハチビキという魚で南日本を中心に生息する魚。脂があり歯ごたえもよく、味わいは上々-

・赤身を提供する居酒屋&ファミレス一覧

呑兵衛大手居酒屋グループ庄や系の店舗。何を食べてもおいしいけれど、細巻きにも力を入れる

マグロ-寿司屋の看板ともいえるネタで、ホンマグロ、メバチ、キハダ、ビンチョウなどがネタとなる-

・赤身を提供する持ち帰り寿司店一覧

ちよだ鮨全国に数百店舗を展開する持ち帰り寿司の雄。数百円程度のリーズナブルな寿司パックを中心に販売

マグロ-寿司屋の看板ともいえるネタで、ホンマグロ、メバチ、キハダ、ビンチョウなどがネタとなる-