ネタの分類から寿司を探す
店の形態から寿司を探す

はま寿司

はま寿司 牛丼のすき家でおなじみの巨大外食企業ゼンショーが運営する一皿100円の格安大型回転寿司チェーン。飛ぶ鳥を落とす勢いで全国に店舗を広げており、その原動力は、格安回転寿司を圧倒する抜群の鮮度を誇るネタの数々。常に旬のネタを集めたキャンペーンを開催する企業努力が客から支持を得、各地でヘビーユーザーが増殖している。
また、バリアフリーとなっている店舗が多く、様々な客を受け入れる体制が整っているのもうれしいところ。

はま寿司 ホームページ

・はま寿司の掲載寿司一覧

赤身マグロ、カツオ、サーモンに代表される赤く美しい切り身の寿司

カツオ-“旬を喰う”魚の代表格で、初夏~初冬にかけて初ガツオと戻りガツオが楽しめる-
ネギトロ-マグロの中落ちにネギを合わせた昔からある創作寿司。特に軍艦にされることが多い-

白身種類の多さは寿司のなかでも随一。淡白な味わいながらも濃い旨味と魚特有の香りが持ち味

マダイ-日本人からこよなく愛される白身を代表する魚。特に皮目にマダイのうまさが凝縮されている-
ヒラメ-平べったい体をした高級魚で、寿司ネタを代表する白身。特に少量しか取れないエンガワは絶品だ!-
シマアジ-白身魚の中で最高級魚といっても過言ではない存在。飛び抜けた旨さがある代わりに値段も王者クラス-
ブリ・ハマチ-青魚の王たる魚。天然極上物は、身の旨味と酸味、脂の乗り、どれをとっても魚の最高峰-
ヒラマサ-夏を代表する高級寿司ネタで、さっぱりとした味ながら旨味が濃く、独特の食感も楽しい美味な魚-
カンパチ-代表的な高級寿司ネタのひとつで、歯ごたえも旨味も強く、多くの寿司通から愛されている魚-
イサキ-夏が旬の白身魚の代表格。磯の香り、身の旨さと脂の甘みと白身魚の傑作ともいえる深い味わい-
エンガワ-エンガワといえば元々はヒラメであるが、現在ではカラスガレイなどの大型カレイの類が一般的-
カジキ-マカジキとメカジキが寿司にされることが多く、鮮度の良い物はマグロにも負けないうまさがある-
ギンダラ-焼き物や煮付けにして最高の魚ではあるが、生で食べてもなかなかのもの。脂の甘さが堪能できる白身ネタ-
キンメダイ-煮付け魚として知られるも、鮮度抜群だと皮付きを寿司にすると極上のうまさ! やっぱり脂が甘い!-
ノドグロ-正式名称をアカムツといい“白身のトロ”とも称されるほど脂が乗っている。北陸を代表する高級魚のひとつ-
コショウダイ-イサキの仲間だけあって、味わいは身の旨味が濃く脂の甘さもある。イサキに比べより食べやすい-

光もの寿司通から圧倒的支持を受けており、コハダ、サバ、アジ、イワシ、カスゴ、サヨリなどが光ものの代表格

アジ-光もの代表格ともいえるネタがアジ。アジは大きさにより味わいが異なり、上物は寿司通も唸るうまさ-
サバ-光もののなかでも屈指の人気を誇り、主にしめ鯖にしてから寿司にされることが多い-
イワシ-イワシは数種あるが、寿司になるのは大体がマイワシ。鮮度がよければ最高の美味-
サンマ-日本における大衆魚のエース格で、秋から冬にかけて食べられる生サンマは究極の味のひとつ-
コハダ-江戸前寿司を代表する光ものといえばコハダで、シンコの淡麗な旨さは他の魚では味わえない旨さ-
ニシン-主に北海道で漁獲される日本人にお馴染みの魚のひとつで、独特の香りと身の旨味、乗り乗りの脂が持ち味-

コリコリシコシコした独特の食感と強烈な磯の香りが特徴で、寿司通ほど好んで食べる

アワビ-寿司屋の腕前が試される高級貝で、煮貝にしたり蒸しアワビにしたり、または生の薄切りを握ったりする-
赤貝-江戸前を代表する貝ネタで、磯の香りとほろ苦さ、そして身の強い旨味が最大の特長だ。貝好きほど赤貝を好む-
ホタテ-北海道や東北が産地の貝で、寿司のネタとしてもメジャーな存在。ほとんどが冷凍物だが、生も流通する-
ハマグリ・アサリ-ハマグリとアサリは代表的な二枚貝で、ハマグリは煮蛤としてアサリはバラチラシなど-
ツブ貝-回転寿司の優等生で、コリコリの食感でありながらも柔らかく、子供からご老人まで人気のあるネタ-
北寄貝(ホッキガイ)-北寄貝は通称名で正式な名前はウバ貝。北海道など北国が産地として知られる-
平貝-標準和名・タイラギの寿司で、有明海が産地として有名。旨味が強く、シャキシャキとした歯ざわりが特長-
いろいろな貝類-回転寿司では新たな貝類寿司ネタの開発が盛んであり、物珍しい貝がたくさん!-

イカ・タコシコシコした食感の中に、噛めば噛むほどじわりと滲む甘さと旨味があり、寿司ネタの中でも屈指の人気を誇る

イカ-「寿司はイカ!」という愛好家はかなり多い、寿司屋の人気者。アオリイカやスミイカ、ヤリイカなど代表的-
タコ-寿司屋の力量が試される難しいネタのひとつで、茹でるか煮るなどしてから握られることが多い-

エビ・カニ茹でエビ、生エビ、シャコ、カニなどを始めとした甲殻類の寿司。特にエビは寿司になくてはならない

茹でエビ-江戸前寿司の代表格ともいえる茹でエビの握り。エビが持つ旨さ香り食感を極限まで味わえる-
生エビ-エビが持つ本来の甘さを存分に味わえる寿司。酢飯との馴染みもよく渾然一体と旨さが持ち味-
甘エビ-甘エビはホッコクアカエビの通称で、生食での味わいはどんなエビと比べても甘さが際立っている-
サクラエビ-駿河湾のみで漁獲される日本原産の小さなエビで、生でも火を通しても絶品な春を打評する味覚-
カニ-ズワイ、タラバ、ケガニ、ワタリなど、カニにしか出せない味わいが人気を呼ぶ高級食材-

長物・卵・変わりダネなどシーチキンマヨネーズなど文字通りの変わりダネやいなり寿司、野菜寿司など

長物-アナゴやウナギ、ハモなど。特に煮アナゴの寿司は、江戸前寿司の中でも花形のひとつ-
シラス-カタクチイワシの稚魚で、茹でだけの釜揚げシラスや獲れたての生シラスなどが軍艦寿司にされる-
玉子と魚卵-江戸前寿司には欠かせない玉子焼きとイクラやとびっこなどの魚卵も人気の寿司ネタ-
うに-濃厚な味わいが人気の寿司ネタ。軍艦や細巻きにしていただくことが普通だが、鮮度のよい物は握りにもされる-
白子とあん肝-白子はクリーミーな味わいで、あん肝は非常に強いコク味が楽しめる。隠れファンが意外に多い-
野菜や納豆など-魚介ではなく野菜や納豆など農産物の寿司-
変わりダネ全般-ジャンル分けができないような“これぞ変わりダネ!"な寿司たち-
マヨネーズソース軍艦-魚介類をマヨネーズソースであえた“ザ・変わりダネ”と形容したくなる寿司-

サイドメニュー刺し身や酢の物、魚の煮付け、天ぷら、味噌汁や潮汁などの椀物、茶碗蒸しなどが一般的

味噌汁&すまし汁-汁物は寿司とともに、または寿司のシメに。魚のアラがダシに使われることがほとんど-
茶碗蒸し-寿司屋で茶碗蒸しといえば、関西で盛んな食習慣だったが、いまや回転寿司を中心に全国区にまで発展-
麺類-寿司屋でも麺類を出すことがあり、うどんや蕎麦を始めとして、いまではラーメンを出す店もある-
おつまみ-お酒の肴に最適のおつまみメニュー。寿司屋ならではの物から居酒屋定番の物まで-
デザート-果物、プリン、アイス、ケーキ、わらび餅、水ようかんetcお寿司の後のお食後-