New


サントリーシングルモルトウイスキー白州 18年

白州蒸溜所のモルトの特徴である木桶発酵・直火蒸溜はそのままで、白州の広大な森に眠った酒齢18年以上の原酒のみを厳選し、バランスよくヴァッティング。

香味の特徴

森の貯蔵庫で眠った長期貯蔵モルトならではの爽快な深い香りをもち、フルーツや干し草をを想わせます。味わいは複雑なコクをもち、ドライ。甘味とウッディネスの調和も絶妙です。
後味にかすかなスモーキー香の快い余韻。最初の一杯はぜひ、ストレートでお試しください。

 

ザ・マッカラン ファインオーク12年

シェリー樽原酒とバーボン樽原酒をバッティング。ザ・マッカランの新シリーズ。

香味の特徴

色=鮮やかな金色。香り=バニラ様の香り。ほのかにジンジャーやドライフルーツ。味わい=ドライフルーツやシェリー。ウッディやスパイスとのバランス。アフターテイスト=トフィー、ドライフルーツ。さらにウッディやスパイス。

 

ザ・バルヴェニー 12年 ダブルウッド

12年<ダブルウッド>は、2種類の樽(ウッド)で貯蔵した、バルヴェニーならではのモルトウイスキー。蒸溜後、まず伝統的なバーボン樽で貯蔵の後、シェリーの熟成に用いられたオーク樽に詰め替えて合計12年、たっぷりと熟成させました。2つの樽の特徴が生かされた、深みが特徴となっています。

香味の特徴

色=赤みをおびた深い琥珀色。/香り=はじめバーボン樽、ついでシェリー樽で熟成、2種の樽の特徴が調和した、甘く繊細な熟成香。/風味=フルボディー。/口あたり=深みのある力強いコク。/後味=シェリー樽由来の豊かな余韻。

 

オーヘントッシャン 10年

ローランドモルトを代表する一品。

香味の特徴

色=淡い琥珀色。/香り=繊細でマイルド、軽やかでフルーティな香り。/味わい=やや甘口、すっきりとした味わい。/アフターテイスト=クリーンで調和の取れたアフターテイスト。

 

トーモア12年

スコットランド北部のスペイ川流域のスペイサイドは、ウイスキーの蒸溜所が集中するエリアで、一般的に力強い香味のウイスキーが生み出されます。「トーモア蒸溜所」は、このスペイサイドに位置し、スペイ川に流れ込む清廉な地下湧水で仕込んだ「トーモア12年」は軽やかで甘美な味わいが特長です。

香味の特徴

色=秋の黄葉の色。香り=炒ったアーモンド、シナモンの香り。味わい=軽め、滑らか。口当たり=ドライ、スパイス、柑橘系。アフターテイスト=非常に長く豊か。

 

ザ・グレンドロナック 12年

スコットランド北部の広大なハイランド地方のウイスキーはコクのある味わいのウイスキー原酒で有名です。1826年創設の「グレンドロナック蒸溜所」では、石炭直火蒸溜や木桶発酵など、熟練の職人たちが昔ながらの伝統的な製法を守り抜いています。「ザ・グレンドロナック12年」はシェリー樽で熟成させたあと、ホワイトオーク樽で後熟させており、芳醇でなめらかな香味が特長です。

香味の特徴

色=赤みがかった黄色。香り=甘い感じ、クリーム、バニラ。かすかに生姜様の香り。味わい=オーク樽。口当たり=オーク樽由来の甘さ、レーズン、オレンジ。アフターテイスト=スパイス、中くらいの長さ。

 

スキャパ 14年

蒸溜所からのリリースは、1997年から。これまで飲めなかった価値あるシングルモルト。

香味の特徴

色=輝くような黄金色。香り=バニラ、花の香り、甘さ。味わい=軽め、滑らか。口当たり=スパイス様、ヒースの蜂蜜。アフターテイスト=スムース、さっぱり。

 

グレンギリー12年

「グレンギリー」はスコットランド・ハイランド地方の名門「グレンギリー蒸溜所」のシングルモルトウイスキーです。やわらかい天然水で麦芽を仕込み、ドライイーストで発酵させたあと、丁寧に2回蒸溜しています。樽はバーボン樽とシェリー樽を組み合わせて熟成させることで、バランスがよく、コクのある味わいを生み出しています。「グレンギリー12年」は、スミレなどの花の香り、トースト様の香ばしさ、そよ風ほどのピート香が特徴で、その味わいは、クリーミーでモルティー、やがて果物のようなコクを感じさせます。

香味の特徴

色=金褐色。香り=スミレなどの花の香り、トースト様の香ばしさ、そよ風ほどのピート香。味わい=ライトミディアム。クリーミーでモルティー、やがて果物のようなコク。後味=木香やナッツ様の余韻、消え入るようにやわらかなスモーキー香が続く。