荒野より of アトリエKENRYO

アトリエKENRYO
since1997.7


TOPArt School荒野よりNEWArt WordsBiograhyWorks休筆中StatementExhibitionNEWLinkAccess

2727「第73回中美展・公募出品規定書の説明」2021.08.27
 おはようございます、今朝の辻堂西海岸は快晴です。暑さもピークを過ぎたのでしょうか、皆様はいかがお過ごしでしょうか。今日は 第73回中美展の「公募出品規定書」について書いてみたいと思います。YOUTUBEの方に出品規定書の説明を4〜5本アップしておきましたので、ご覧ください。内容は、主に問い合わせのある箇所を中心に説明をしておきました。出品規定書の1枚目に「未発表の作品に限る」とありますが、中央美術協会の支部展、支部小品展などに出品した作品であれば、本展にもう一度出品することができます。他の公募展やコンクールに出品した作品はご遠慮ください。また、個展に出品した作品ならOKです。直接搬入日は、10月24日(日)です。搬入日は、この日、一日のみです。今年は、搬入日が日曜日なので電車も空いていますから、作品を持参する方は安心ですね、台風だけが心配です。作品を搬入する場合、事前にエントリーする必要はありません。10月24日に ①「作品」と ②「出品規定書」、③「出品料」の3つを持ってきていただければ第73回中美展に応募できます。当日、思い立って作品を持ってきてもらっても応募することができます。もし「出品規定書」が手元に無くても、当日に美術館の中美展受付で規定書をもらって必要事項を書くことができます。25歳以下は「出品料」は無料です。東京都美術館に搬入する場合、美術館正面から作品を持って入ることはできません。必ず、美術館裏手の搬入搬出口から搬入してください。エレベータで地下3階に降りて、美術館奥の中美展受付まで作品をご持参下さい。これは、搬出のときも同じです。入選した作品も落選した作品も11月17日(水)の搬出日に返却いたします。今日は 第73回中美展の「公募出品規定書」 について書いてみました。
2728-1.jpg2728-2.jpg
2728-3.jpg2728-4.jpg
2724-2.jpg

2726「動画撮影について」2021.08.25
 こんばんわ。今日の辻堂西海岸は晴れております。まだまだ暑いですね、皆様はいかがお過ごしでしょうか。今日は「動画撮影」について書いてみたいと思います。現在、尺の短い動画を10本ほどYOUTUBEにアップしております。だんだんと撮影のコツがつかめてきました。昨日、江ノ島ヨコの片瀬漁港までスケッチの動画を撮ってきました。描いている場面を撮れないか実験してみました。以前から使っていたカメラの三脚、それに装着できるパネルとアームを使ったらうまくいきました。アームは本部でお役御免になったものです。動画撮影用のカメラは軽くて、起動させるのが速いものがよいです。スマホの様なサイズの小さなものが最適です。重いとアームで支えきれません。編集作業は、iMacのiMovie09でやっています。古いバージョンなのでフォントの種類がやや少ないのが難点ですが、他は問題なく使えます。新しく買いそろえたものはありませんでした。動画を作っているときのワクワク感は、美術の制作に似ています。作っていると次々にアイディアが湧いてきます。なにか良いアイディアがあったらお知らせ下さい。今日は「動画撮影」について書いてみました。
2726-1.jpg2726-2.jpg2726-3.jpg
また3つ動画をYOUTUBEにアップいたしました。

2725「ニュース断食をおすすめします」2021.08.23
 こんばんわ。今日の辻堂西海岸は曇っていましたが、まだ蒸し蒸ししています。皆様はいかがお過ごしでしょうか。なかなかコロナ第5波が下がりませんね。5.000人台がピークなのか、まだ序盤なのか分かりません。今月末に始まる支部展がありますが中止の方向で動いているようです、残念です。9月上旬の理事会は、タイミング的にやらなければならないので開催する予定です。本展の通常開催は無理なので昨年同様に制限をつけての開催に切り替える予定です。集まれる理事で決めなければなりません。
 今日は「ニュース断食」について書いてみたいと思います。TVは今年の正月に解約してしまったので、現在のTVがどうゆう内容になっているのか分かりませんが、たぶんコロナづくしだと思います。心はこういった情報に痛めつけられます。3.11のときに多くの人がメディアによってPTSDになってしまったことが思い出されます。コロナの情報をかき集めても怖くなるばかりですし、政府を腐しても自分の心が汚れるだけです。だれが代表をやってもこんな感じでしょう。ジェームズ・アレンはこう言っています。「病気を恐れて暮らす人は、病気になる人です。」と。ちょっとノドがおかしくなったり、身体がだるいと「感染したかも!?」と不安になってしまいます。感染の餌食になるのは、こういったビクビクして免疫力を落としている人だと思います。またTVというのは見るのを止めるとよくわかりますが、流れてくる情報はそれほど大したものではありません。そのくせ大量の時間を取られてしまします。3倍速くらいで見た方がいいのかもしれません。スティーブン・キングは、著書『書くことについて』の中でこう言っています「本を読むには時間がいる。テレビは時間を取りすぎる。テレビを切れば、文章の質だけではなく人生の質もあがる。」と。今日は「ニュース断食」について書いてみました。
2725-1.jpg2725-2.jpg2725-3.jpg
わたくしは、毎日動画をつくって遊んでおります。

2724「腹式呼吸の重要さを日本政府主導で発信したらどうかしら」2021.08.20
 おはようございます、今朝の辻堂西海岸は快晴です。今日も暑くなりそうです、皆様はいかがお過ごしでしょうか。今日は「腹式呼吸」について書いてみたいと思います。コロナ第5波(東京は連日5千人台)がなかなか下がりませんが、新しい治療法(ネーザルハイフロー)が効果を上げているようです。これは鼻から高濃度の酸素を吸わせるものです、鼻孔に酸素チューブを置くだけですから処置も簡単です。酸素が重要だということに気がつくまで随分かかりましたが、ようやく呼吸が大切なことに世間は気がつきはじめたようです。たぶん重篤になっている人のほとんどが、普段から呼吸の浅い胸式呼吸の人か、口呼吸の人であろうと思います。(呼気は鼻でも口でも構いませんが、吸気は鼻のみで行わなければなりません。)この機会に政府から腹式呼吸の重要さをアピールするとよいと思います。これが定着すれば、ポストコロナになっても日本人は元気になると思います。腹式呼吸(深呼吸をすれば自動的に腹式呼吸になります)をすれば、血中の酸素濃度が上がりますから、免疫力があがって様々のウイルスの進入を防ぎます。また身体の隅々まで酸素が行き亘りますから疲れにくい身体にもなります。脳にも酸素が十分に回りますから頭も冴えてきます。今回の感染症のよい面は、「呼吸は無意識でおこなうという考え方から、呼吸は意識しておこなうという考え方」に切り替えさせるチャンスをもらったということだと思います。
 昨日の早朝、散歩をしていたら見事な虹を見ることができました。TVでも放送されたようですが、早起きの人は現物を見られたと思います、巨大な虹で裾の方までクッキリ見えました。半世紀生きてきましたが、いままでで最大の虹でした。虹のメッセージは「明るい未来」だそうです。今日は「腹式呼吸」について書いてみました。
2724-1.jpg2724-2.jpg
また、動画を2本アップいたしました。